社会福祉法人 調布市社会福祉事業団 なごみ そよかぜ すまいる まなびや ちょうふだぞう すこやか すてっぷ あゆみ


理事長便り
2009/4/1(水)

 今週末には満開となる基地跡地,関東村の桜。早いものでこの桜がスタジアム通りや福祉施設ゾーン一帯に植樹されてから10年の歳月が流れました。ということは,そう私たちの事業団も,今日,平成21年4月1日から営業開始10年目に入ります。

 その平成21年度。先日の評議員会,理事会で事業計画や当初予算が確定しました。なごみ・そよかぜ・すまいる3援護施設では22年度の新体系移行を決定,今年度は施設改修を含めた本格準備に入ります。事業団の21年度の収入予算規模は約12億1千5百万円,職員数は正規・臨時職員合わせて236人でスタートします。

 「私たちは,すべての利用者が人として人らしく尊ばれ,自らの意思に基づいた生活を地域社会で営むことができるよう支援します」―これが私たちの経営理念です。言葉はカンタンでキレイでも,なかなかこの通りいかないのが現実です。少しでもご利用者のお役にたてるよう,今年も職員ともども日々研鑽に努めてまいりますので,よろしくご指導のほどお願いいたします。

                        平成21年4月1日  吉尾。




 
前後の記事