社会福祉法人 調布市社会福祉事業団 なごみ そよかぜ すまいる まなびや ちょうふだぞう すこやか すてっぷ あゆみ


理事長便り
2010/6/11(金)

 この7月から私たち事業団では、初めて就労移行支援事業に乗り出します。
これまで通所授産施設として主にパンの製造販売を行ってきた「すまいる」を、今年度から自立支援法にいう生活介護・就労継続Bの多機能型事業所へと移行させたこの期に、もう1歩前へ踏み出し障害者の一般就労を通じて、自立を支援できたらいいなと思うのです。
 
 もちろんこれまで「すまいる」をご利用者いただいている皆さんには、今までと同様にパンの製造・販売等、働く場の提供を中心に一人ひとりの障害特性に配慮した日中活動の展開を図ってまいります。新たな就労移行支援事業は、この「すまいる」の「分室」として、一般就労を希望する方 7人を募集してスタートします。
 いま調布市の布田に、プレハブで「すまいる分室」を建設中です。障害者地域生活・就労支援センター「ちょうふだぞう」のまん前です。

 数年前から障害者雇用の門戸はかなり開かれました。それでも職種や条件は限定されていますし、また障害を持った方が一般就労という新しい環境に慣れるのには相当の月日が必要です。これまで就労準備支援に幾多の実績をもつ「ちょうふだぞう」と連携して、就職に向けた有効な支援を多角的に展開できればと願っています。

             平成22年6月11日   吉尾。




 
前後の記事