社会福祉法人 調布市社会福祉事業団 なごみ そよかぜ すまいる まなびや ちょうふだぞう すこやか すてっぷ あゆみ


理事長便り
2011/1/18(火)

 今年のお正月、「お天気に恵まれた穏やかな3が日で」とは言ったものの、昨年末以来ちっとも雨が降りません。空気は乾燥しっぱなしで、火災やインフルエンザ等心配です。

 さて、今年も事業団内のいくつかの施設では「成人を祝う会」が開かれ、特別支援学校を卒業して2年目の利用者さんのご成長を、ご家族やいつも仲良しの利用者さん仲間、そして施設職員のみんなで喜び合いました。それぞれお母さん、お父さんからは、生まれてから今日までのお子さんとの苦労や喜びを伺いました。どなたも、「お医者さんからは無理といわれていたので、今日の日を迎えられた上にみんなに祝ってもらえて感無量です」と言っておられました。20歳のご本人はもとより一緒に歩んでこられたご家族にも拍手を送りながら、笑顔いっぱいなんだけど涙ぐんでいる私たちでした。これからまた、新たな人生のスタートです。共に支えあって、明るく生きていきましょう。

 市町村の成人式はそれはそれ。私たちのは小規模で華やかさはなくても一人ひとりが主人公で、アルバムに花を添え、ボランティアさんのハープに春の歌、何よりあったかでした。
                
                H23.01.18 吉尾。




 
前後の記事