調布市子ども発達センター通園事業あゆみ公式サイト

施設概要

  • HOME »
  • 施設概要

調布市子ども発達センターとは

「調布市こども条例」の理念のもと,子どもの育ちと,子育て家庭を支援します。
発達に遅れやかたよりのある,またはその心配のある子どもと家族を対象に,一人ひとりの子どもの必要に応じた療育を行うとともに子育て家庭を支援します。

センターでは次の3つの事業に取組んでいます。

【相談事業】

  • 利用相談
  • 一般相談
  • 子ども施設支援
  • 普及啓発
  • 保護者支援
  • 緊急一時養護事業等
  • 障害児相談支援事業
  • 保育所等訪問支援事業

【発達支援事業】

  • 個別指導
  • グループ指導
  • 通園事業在籍園児支援

【通園事業】

  • 児童発達支援
    (調布市社会福祉事業団が調布市より受託)

センターの沿革

昭和44年 調布市心身障害児(者)親の会の熱意により「あゆみ教室」誕生
昭和45年 調布市の事業として「あゆみ教室」開始
昭和49年 「調布市あゆみ学園」調布市染地に開設
市独自の施設として就学前の障害児通園事業を実施
昭和61年 療育グループバンビ開始(健康推進課と総合福祉センター協働事業)
平成5年 2階建園舎完成
「乳幼児発達教室事業」開始
平成12年 総合福祉センターからあゆみ学園に「聴能言語訓練事業」移管
平成15年 「あゆみ学園利用者満足度等調査」実施
平成19年 「(仮称)調布市子ども発達センター基本構想」策定
平成21年10月 調布市子ども発達センター開設
相談事業,発達支援事業,通園事業の3事業開始
*通園事業は調布市社会福祉事業団が受託
平成22年4月 通園事業を児童デイサービスとして開始
平成24年4月
平成24年5月
通園事業を児童デイサービスから児童発達支援へ移行
緊急一時養護事業・リフレッシュ支援事業開始

通園事業「あゆみ」の理念

通園事業「あゆみ」では,発達に何らかの遅れやかたよりがある幼児とその家族のために,適切な療育と子育て支援を行います。

  1. 子ども一人ひとりの状況を理解し,子どもに合わせて接します。
  2. 子どもの人格を尊重します。
  3. 子どもが家庭や地域の深い愛情に包まれ,成長することを支援します。
  4. 子どもがかけがえのない存在であることを伝えます。
  5. 子どもが安全に快適に生き生きと成長することを願います。
PAGETOP