新年度のごあいさつ

遅ればせながら,新年度のごあいさつを(4月号の「まなびやニュース」に掲載したものです)。
これが発行されたころは,まだ「平成」。「令和」を知らない頃でした。早いもので桜の季節から紫陽花の季節に,季節は移ろってしまいましたが,🆙させていただきます。

桜が好きで,「日本三大桜」を見たいとずっと思っていました。しかし桜の季節は毎年何かと慌ただしくて,ついつい機会を逃してしまいます。でも,今年から気持ちを切り替えて,もう日帰りでいいから行くぞと,順に実行しようと思います。
それにしても日本三大○○っていうのはたくさんあります。「温泉」「夜景」から「がっかり名所」までも。日本人は3が好きだとよく言われます。少し調べてみると,それには日本に古くからある陰陽思想の影響が大きいと考えられているようです。1は物事の始まりを示す数,2はつながりを示すともいわれますが分裂(1と1に分かれる)を表す数。そして3は調和やバランスを示す縁起の良い数だそうです。深い理解はないけれど,「三人寄れば文殊の知恵」などのことわざもありますし,福祉の仕事の中でも「苦情解決第三者委員」「福祉サービス第三者評価」など,ご利用者・事業者にもう1つ加わった「3」で構成するもので適正に良いサービスに導いてくれるものがあります。
今年度は,久しぶりに福祉サービス第三者評価を受審します。昔のとある戦隊もののテレビ番組の,🎵「1たす2たすサンバルカン」「3つの力ひとつの心」「きっと平和な明日を」という妙に元気の出る歌を思い出しつつ,3つ目の視点・人などの意見を取り入れながら全体としてバージョンアップしていきたいと思います!
今年度も,どうぞよろしくお願いします。                    施設長  中島 悦子